SEO

wordpressで作った評論家レビューページの構造化対策

今回wordpressで飲食店等のレビューブログを作った場合を想定し、構造化対策によって明示的にGoogle(クローラー)にこのページは「評論家レビューページであること」と「お店情報・位置情報」を渡す方法の忘備録です。

評論家レビューってなんやねん?って思うと思いますが、他社のプロダクトやサービスについて云々とレビューしてるブログページのようなコンテンツをGoogleでは評論家レビューと呼んでいるようです。レビューサイトって非常に多岐に及びますからね。

構造化のためにイロイロなプラグインがあると思いますが、3~4つほど試してみたがどうも要件を満たせそうになかったので、少しコードをいじることにしました。

やりたいこと

飲食店のレビューを書く上でいくつかの記事ページに満たさねばならない事があります。

  • どこのお店に関する記事なのか?読者とクローラーにきちんと伝える
  • 記事のどの部分がその店の評価なのか?読者とクローラーにきちんと伝える。

Googleは様々なロジックで記事の内容を分析し、情報の種別を整理していきます。たとえば、スマホでハンバーガーやラーメンを検索してみてください。真っ先に検索結果に出てくるのは最寄りのお店関連の情報や、最寄りの口コミサイトではないでしょうか?他のワードでの検索に見られるようなレシピや言葉の説明ページは下の方に追いやられます。

この様にGoogleは検索ワードから検索者のインサイトをある程度絞り込んで、検索結果を抽出しています。注目すべきは検索ワード以外に検索者の位置情報も検索条件に加味されているという事です。したがって抽出するコンテンツもどのようなコンテンツなのか予め把握している訳です。

しかし、誤認することも多いため、それらを防ぐことが今回の目的です。

Googleの検索結果に記事の情報を表示できる

Googleが記事の内容を正しく把握するために、文章の意味を正しく伝える方法を公表しています。いくつかの方法がありますが、私はJSON-LDばかり使用しているのでJSON-LDでの構造化対策を紹介します。

構造化対策を正しく行うことでGoogleから高評価を得られると検索結果に、記事中の動画や評価などが直接表示されやすくなります。詳しくは構造化データの仕組みについてに詳しく書かれているので是非読んでください。

あくまでSEOと同じくGoogleから高評価を得られた場合となりますので、ご注意ください。

仕様の整理

記事を書いてると書かねばならないことがうっかり漏れてしまうことがあります。必ず書かねばならないことはカスタムフィールドを作り入力必須にすることで漏れがないようにしましょう。

カスタムフィールドの作成

飲食店の評論家レビューの場合、まずレビューに最低限必要な内容は全てカスタムフィールドに入力するようにします。項目としては原則JSON-LDの仕様に基づく項目+任意の項目となります。

こちらのプラグインを使用することをオススメいたします。

飲食店などの評論家レビューとして構造化対策に必要な項目をまとめるとこの様になります。

  • お店の緯度
  • お店の経度
  • お店のレビュー(スコア)
  • お店のレビュー(コメント)
  • お店の名前
  • お店の画像URL
  • お店の公式サイトURL
  • お店の電話番号
  • お店の金額
  • 国名
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 住所(市区町村)
  • 住所(地名・番地・建物名)

この他にレビューを書いた著者の情報なども必要ですが、1人で書く場合は固定値で良いと思います。評論家レビュー記事を複数の方で手分けして書いている場合などは、書いたアカウント毎によって識別できるようにしたほうが良いでしょう。これらの項目が最低限必要です。

ユーザ向けとクローラー向け

ユーザ向けとクローラー向けにHTMLを出力します。ユーザ向けには表組みした閲覧しやすい整理した情報を表示します。また、クローラー向けにはJSON-LDを出力します。

クローラー向けにJSON-LDを出力

こちらの評論家レビューを参考にJSONを出力する様に組みましょう。

実装後は必ずリッチリザルト・テストで確認しましょう。

ユーザ向けに表を出力

クローラー向けに表示している内容とできるだけ同一の内容で表組みで表示します。

住所や緯度経度情報などもあるので、自動でGoogleMapsやストリートビュー等を出力することも良いと思います。

ユーザ向けの表組みでJSON-LDと同じ内容を出力する目的は、情報をもれなく掲載する事以外にもあります。クローラーに対しスパムではない事(ヒトに見えないように嘘の情報をJSON-LDに仕込んでいない)をPRする目的でもあります。確実にJSON-LDの内容と同じ内容をページに表示し、内容を一致させることで減点させない思惑となります。

まとめ

具体的なコードについては要望があればそのうち載せるかもしれません。 ご要望があれば公開できるコードを検討します。

ここで紹介した評論家レビューのカスタムフィールドを組み上げると、記事毎に緯度経度情報が貯まリ始めると思います。記事を地図から探せるようにするとユーザビリティが向上するかもしれません。お試しください。

-SEO
-

© 2020 WEBマスターの為のメモ