タイトルはSEOで最も重要。タイトルの書き方5つのコツ!

SEO対策におけるタイトルの書き方

SEOで最も重要なタイトルの書き方についてのまとめです。タイトルにはサーチエンジンで上位表示するための「SEO」効果と、訪問者からタイトルをクリックしてもらう為の「誘引」効果を狙う役割があります。この2つの目的を果たすための重要なポイントを5つに整理しました。

この5つだけシッカリ覚えておきましょう!

タイトルは記事の全体像を30文字でまとめる。

30文字以内で探している情報が得られる事をしっかり伝えることが大切です。このページのタイトルを例に説明いたします。

例「タイトルはSEOで最も重要。タイトルの書き方5つのコツ!」

ページの記事を読んで得られる事をシッカリ伝えます。このサイトに訪れると何を得ることが出来るかベネフィットを明示します。

また、あくまで記事を読んで得られる事をタイトルに書くようにして下さい。タイトルに書いている内容と記事の内容に乖離が会った場合は、直帰率が大幅に上がってしまいます。

特にファーストビューに書くリードは、タイトルと一致させて下さい。離脱率が高まり結果的に評価が下がってしまいます。最初のリードで結論をしっかりと書きましょう。

タイトルにはキーワードを最低1回、最大2回含める。

「SEO」と「タイトル」を狙うキーワードとした場合のタイトルの例です。

例「タイトルはSEOで最も重要。タイトルの書き方5つのコツ!」

「タイトル」は2つ、「SEO」を1つタイトルに含めて書いています。キーワードをたくさん書き込みすぎるとペナルティを受けてマイナス評価になる事があるので気を付けて下さい。

タイトルで記事を読むハードルを下げる

例「【簡単】タイトルはSEOで最も重要。タイトルの書き方5つのコツ!」

タイトルを見て簡単に欲しい情報が得られそうだなと伝える必要があります。読むハードルを下げる方法はいくつかの手法があります。

この例でいうと「簡単」というキーワードになります。「簡単」「無料」「スグに出来る」「ラクチン」と言ったワードを含める事で、忙しい人もちょっと見てみようという気分を誘います。

また、数字で具体的に提示することも効果的です。ここでは「6つ」の部分になります。6つのポイントだけ確認すれば良いのだなと簡単に把握できることが伝わります。

タイトルの左端にキーワードを主語にして文章で書く

キーワードの羅列はNGです。助詞・助動詞を使用してキーワードの間隔を開けタイトルを書きます。キーワードを文章で書くことによって、名刺の羅列を避けることが出来ます。且つ訪問者にサイトの内容を明示的に伝えることが出来ます。

また、キーワードは左端に主語で使って下さい。例えば「タイトル」というキーワードを例にタイトルを作った場合、

◯「タイトルは、SEOで最も重要。」 … 主語に「タイトル」を含めています。

×「SEOで最も大切なタイトルの書き方は6つ。」… 主語が「書き方」になっています。

キーワードをできるだけ左端に且つ主語で文章で書くように心がけましょう。

キーワードを完全一致で入れる

部分一致よりも完全一致の方が望ましい。例えば「ページタイトル」「タイトルタグ」と言ったキーワードです。キーワード以外の単語を組み合わせた造語はなるべく使わないようにしましょう。「タイトル」と言った文字を含んでいるため部分一致ではありますが、できるだけ完全一致になるように心がけましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です